HOME>アーカイブ>管理方式の選択を上手く行うのはとても大切です

経営のリスクを判断する

駐車場

資産運用を開始したい人は多いですが、資産運用開始するにはまとまった資金が必要で、借り入れをする時に躊躇する人は多いです。あまりリスクをかけたくない経営をしたい人に人気なのが、駐車場経営です。駐車場経営は少ない初期投資でも開始できるメリットがあります。土地さえあれば初期投資をほとんどかけずに、その土地を駐車場とすることも可能です。たとえ狭い土地にある場所でも、駐車場経営なら可能です。マンションやアパートなどと比較して、狭い土地でも駐車場経営ならできます。しかも、駐車場を借りる人を見つけるのは、マンションを借りる人を見つけるよりもかなり容易です。こうした魅力が駐車場経営にはあります。

経営のしやすさを考える

駐車場経営の利点は初期投資が少なくて済むこともありますが、その経営から撤退することも容易です。駐車場経営をする時は管理会社に管理を依頼することが多いです。こうした場合でも、管理会社との契約を解約すればすぐに駐車場経営から撤退できます。自分で管理を行っている気は、事前に契約解除の予告をすれば良いです。費用もあまりかからずに、経営の自由度も高い駐車場経営に注目する人は多いです。管理を自分で行うか、管理会社に依頼するかも自由に決められます。

どのような経営を行うか

都市部などではコインパーキングの需要が高いです。コインパーキングを都市部で経営する時は、そのために必要な設備を設置する必要があります。コインパーキングは初期費用が月極駐車場よりもかかりますが、利益率は高くなる傾向があります。コインパーキング式の駐車場経営をする時は、地域の駐車場をより意識する必要があります。その地域の駐車需要と駐車場の数は上手く把握する必要があります。需要と比較して駐車場が少ない地域は、駐車場経営のチャンスです。