賃貸保証を代行してもらうことの重要性

女性

これから賃貸住宅を所有、管理していくのであれば賃貸保証会社と契約し、誰でも入居できる賃貸住宅にするべきです。昔から日本では家という概念があり、それに伴って誰でも頼れる親族というものがいたものですが、現代では誰もが孤立した状態になっています。核家族化が進みすぎてしまったため連帯保証人になってくれる人が見つからず、賃貸契約ができないという事態が多発しているのです。しかし、賃貸保証会社と契約したマンションやアパートであれば、その会社が保証人となってくれるので誰でも入居可能となります。こういった事情があるので、マンション経営などを始めるにあたってはほぼ必ず賃貸保証会社と契約するべきといえるのです。どこの会社と契約すればいいのかわかりにくいですが、基本的にその時で長く実績のある所を選ぶようにすると無難で確実でしょう。

賃貸保証の仕組みを理解する

入居者にとってとても便利なのが賃貸保証会社ですが、では経営者にとってはどういったメリットがあるのかを考えてみましょう。一言で言えば滞納リスクの軽減、つまり家賃を確実に回収できるという点にありますが、ほかにも回収業務の代行という利点も存在しています。滞納した家賃の回収というのはつまり債務の取り立てにあたる行為ですが、これは素人の経営者にはまず不可能といえるでしょう。まず滞納している時点でお金があるかどうかが疑問であり、さらにはその滞納者との間でトラブルになる可能性が高いです。その点賃貸保証会社であればそういったノウハウがすでにあるので、トラブルを起こすことなく家賃の取り立てができます。こういった仕組みになっているので、賃貸保証会社との契約は経営者の安全という観点でも非常に重要な契約といえるでしょう。

審査を代行してもらう意味

入居者が問題のない人物かどうかは審査しなければわかりませんが、そういった審査も代行してもらうことができる会社も多数あります。賃貸保証会社も家賃の立て替えがかさむとリスクが高くなるので、審査に対してはかなり厳格に行う傾向があるのです。家賃をしっかり払えるかどうかというのは収入はもちろん、これまでのローンなどの履歴も関わってきます。そういったことを加味して考慮し、厳正な審査を行うのはマンションの管理運営と並行して実施するのは非常に困難です。さらに言うと本人の説明に嘘があった場合に対処してもらえるという意味でも、賃貸保証会社に審査の代行をしてもらう意味は強いです。こういった手続きなどにかかる作業を外部の会社に委託するというのは、大きめのマンション管理会社でも良く行われています。うまく外部の会社を活用し、難しい審査などを代行してもらうようにすればマンションの管理業務により集中することができるでしょう。